J.log

jakeの思ったことを徒然と。

【フィリップス アンバサダー】メンズシェーバー9000、肌の弱い人ならきっと嬉しいはず

フィリップス アンバサダープログラムのモニターに参加させてもらい、メンズシェーバー9000シリーズを試用しています。

www.philips.co.jp

半月ほどブラウンの350cc-5(けっこう前のモデル)と比較しながら使いました。

そり心地:とにかく柔らかい。

メーカーもウリにしてますが、ほんとに軽いタッチで髭がそれます。
ブラウンだとシェーバーを押し付ける感じですが、フィリップスはくっつけるくらいのイメージです。

刃の構造が違うからか、顔への当て方も違います。
円を描くように当てることと説明書にかかれてます。ちょっと慣れが必要です。
押し当てて顔の皮を引っ張るような動作ができないので、今までよりも空いた手で顔の皮を引っ張る場面が増えました。

深ぞり:ブラウンのほうが深くそれてる気はする。

シェーバーの扱い方を切り替えできてないのかも、、、という不安がありますが、ブラウンの方が深ぞりできてるように感じます。
元々ブラウンは深ぞりで売り込んでましたし、得意分野が違うのかも。

自分はヒゲが濃いし伸びるのも早いので、夕方にはヒゲが伸びてきてます。
なので朝に少し髭が短いなと感じる程度の差しかありません。

自動洗浄:ユニットはほぼ同じ大きさ。

電気シェーバーで面倒くさいのが「日々のメンテナンス」だと思っています。
それがすごくイヤで、大きな洗浄ユニットと毎月かかる洗浄アルコール代金を払ってでもラクをしたかったんです。

フィリップスは現行モデルだとシリーズ5000、7000、9000で洗浄ユニットつきがあります。(全部じゃないようです)
パット見だと大きいかなと思いましたが、実際に設置するとあまり大きさに違いはありませんでした。

f:id:jake1980:20180123213441j:plain

洗浄ユニットの後ろ側に電源ケーブルを差し込みますが、これが斜め下向きになってるのもポイントじゃないかと思います。ちょっと差し込みにくいですけどね。
ブラウンは真後ろにケーブルが出るので、ケーブルが邪魔であまり壁にビタ付けできません。

f:id:jake1980:20180123213409j:plain

消耗品:洗浄用アルコールは長持ちで低コスト

ブラウンは毎月の交換が必要です。
汚れがひどくなる頃にはアルコールが揮発してしまうので、いつでも新しいのがメリットです。

フィリップスはもっと長持ちするようです。
1個で2ヶ月から3ヶ月は持つ、とのこと。

コスト面ではフィリップスが有利そうです。
Amazonで6ヶ月分を買うと、フィリップスのが安いんです。

 フィリップス:1354円

フィリップス 9000シリーズ用クリーニング液 JC302/51

フィリップス 9000シリーズ用クリーニング液 JC302/51

 

 ブラウン:2718円

ブラウン アルコール洗浄液 メンズシェーバー用 6個入り CCR6 CR 正規品

ブラウン アルコール洗浄液 メンズシェーバー用 6個入り CCR6 CR 正規品

 

 

まとめ:高い価値、きっとある

試用したモデルはAmazonで約3万3千円でした。
不要なトリマーとかを省いてもう少し安いモデルを選べば3万円くらいでしょうか。
ちょっと高いかなあと思いましたが、使ってみると快適ですね。
とにかく面倒がないし、力まずに良い。
軽くそれるし、自動洗浄も手軽。洗浄用アルコールの交換頻度も低くてOKで低コスト。

選ぶ価値、きっとあるんじゃないかと思います。