J.log

jakeの思ったことを徒然と。

最近の早川文庫に対する小さな不満

最近の早川文庫に対して、小さいことですが不満があります。

「ブックカバーに入らない」

 

理由は知りませんが、少しだけ本が大きいんですよ。

マルドゥックスクランブルを読んだ時にはつけられたカバーがつかない。

 

書店で買うときに文庫本に紙のカバーをしてもらえばいいのかもしれないんですけどね。

いつもの癖で、自分のカバーを使うつもりで、カバーを頼み損ねちゃうんですよね。

アマゾンで買うとそもそもカバーついてないし。

 

なのに手持ちのカバーがつかない。

 

不満です。

広告を非表示にする