J.log

jakeの思ったことを徒然と。

【BenQアンバサダー】「BenQアイケアディスプレイEW2770QZ体験イベント」に参加してきました

先月ですが、BenQのイベントに参加してきました。

アイケアディスプレイって何?

すごくシンプルにいうなら、目に優しくて疲れにくいディスプレイです。
そういう認識でよさそうです。

BenQでは毎年、目に優しいディスプレイをリリースしています。
今回のイベントで発表された(今のところ)一番目に優しいのがEW2770QZ、だそうです。

www.benq.co.jp

BenQ モニター ディスプレイ EW2770QZ 27インチ/WQHD/ウルトラスリムベゼル/Displayport,HDMI端子

BenQ モニター ディスプレイ EW2770QZ 27インチ/WQHD/ウルトラスリムベゼル/Displayport,HDMI端子

 

 

難しいことはおいといて、このディスプレイの特徴は以下です。

  • フリッカーフリー
    (実はBenQのモニターはだいぶ前からこの機能を導入済)
  • 周囲の明るさに応じた輝度の自動調整
    (テレビでもよくある機能ですね
  • 照明の色温度に応じたモニター内の色温度調整
    (デモしてましたがじんわりと変わるので見てて気づきにくいです)
  • 輝度変化をしても色温度を保つ調整機能
  • ここまでの調整が全自動。ユーザーは使ってるだけでOK
  • やや大きめの27インチ、解像度も一回り高めのWQHD

 

今回のイベントでもモニターそのものは展示+終盤の説明でしか登場しませんでした。残りはひたすらにBenQの取り組みと、学術的に研究をしている先生の発表。

製品を売ればそれでOKという簡単な問題ではないんだ、っていう意気込みを感じました。
他社のディスプレイを使っていても角度や高さを見直したり、周辺の環境を変えたりすることで疲れは軽減できるらしいですよ。少し見下ろすくらいがベストだとか。

 

新製品にさわれてラッキー、というより、ためになるなあ、と関心したイベントでした。