J.log

jakeの思ったことを徒然と。

【BenQアンバサダープログラム】 短焦点ホームシアタープロジェクター HT2150ST を使ってみた

jakeです。

BenQアンバサダーモニターに参加させてもらい、HT2150STというプロジェクターを使わせてもらっています。

 

わかったことが4つあります。

  • 「短焦点」のおかげで、狭い場所でも大画面が楽しめる
  • 部屋を真っ暗にしなくても使える
  • 専用スクリーンがなくても使える
  • ドット感がない。

 

「短焦点」

特徴の1つ「短焦点」は、狭い部屋で使う時に威力を発揮しました。
プロジェクターから壁面まで1mもない状態で使えています。

f:id:jake1980:20170330003406j:plain

↑こんな感じ。奥の液晶テレビは32インチ。プロジェクターのが二回りくらい大きな映像が出てます。

 

「明るさ」

仕事で使ってたプロジェクターは、部屋を真っ暗にしないと使えませんでした。
今回のHT2150STは照明の明るさを半分くらいにすれば、まったく不満なく使えました。照明が明るすぎると、なんとなく物足りない感じになります。
「真っ暗な部屋じゃなくても、このプロジェクターは使える」ということがわかりました。結構ハイパワーなプロジェクターなんだと思います。

 

「壁面」

プロジェクター用スクリーンを持っていないので、壁面を使いました。
壁紙がザラザラしてるので、映像をよく見るとノイズぽさがあります。
……が、動画を映し出してる分には気になりません。

プロジェクターに設定があり、壁紙にあわせて色が調整できます。
うちの場合は「薄い黄色」で、いい具合になりました。

f:id:jake1980:20170330003647j:plain


「専用スクリーンがなくても、プロジェクターで大画面を楽しむことはできる」ってのは収穫でした。

 

「ドット感」

スペック表だと、フルハイビジョンまで表示できます。
中のパネルもネイティブで対応しています。
※安いプロジェクターはもっと荒い。

実際に映像を流してみても、明らかにドットだ!と感じることはありませんでした。

目いっぱいまで近寄ると、なんとなくドットが見えるようです。
……が、普通はそこまでしません。たぶん気づかないでしょう。

f:id:jake1980:20170330000739j:plain

 

便利に使えてたんですが、不満点がいくつか出てきました。
それはまた、次回。