読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J.log

jakeの思ったことを徒然と。

MISFIT SHINE2が来た

f:id:jake1980:20160204233325p:plain

MISFITが腕の一部と化してるjakeです。
去年の11月に、MISFIT SHINE2の発表会へ参加しました。

jake.hatenablog.jp

その時に予告されていた、MISFIT SHINE2が届きましたので紹介します。
なお今回レビューしたのは、MISFIT社からモニター用として提供されたものです。

f:id:jake1980:20160204224621j:plain

 

内容物

箱から出したものを並べてみました。

f:id:jake1980:20160204224913j:plain

  • 本体(金色)
  • 腕に固定するためのバンド
  • クリップ型のバンド
  • 電池交換用のアダプタ
  • 説明書

MISFIT SHINEとの違い

SHINEとSHINE2では、いくつか違いがあります。

  • 本体の大きさ
  • フルカラーLED
  • 振動フィードバック

本体の大きさ

まず、本体の大きさが違います。
直径が大きくなり、厚みが薄くなったようです。
婦人用時計から紳士用時計くらいになった感じです。

f:id:jake1980:20160204225205j:plain

f:id:jake1980:20160204225308j:plain

 

フルカラーLED

見た目にわかりやすい違いです。
ダブルタップしたときにLEDが光りますが、それがフルカラーになっています。
ファームウェア更新中は青色、ダブルタップしての運動量の達成度は赤色、時計は白色、青色、緑色の3色になってます。

f:id:jake1980:20160204230808j:plain

振動による通知

最後に上げましたが、これが一番大きな違いじゃないでしょうか?
iPhoneにアプリを入れると、本体が振動する場面でSHINE2も振動します。
ただ、iPhoneのように振動に長短あるわけではなく、回数が変わるだけのようです。
今はメールで2回、iMessageで3回、アラームで5回ほど振動します。

また、アプリに「時々立ちましょう」的な機能があり、1時間とか座りっぱなしだとSHINE2がブルブル振動します。

腕につけた状態

SHINEからSHINE2に付け替えた状態です。

f:id:jake1980:20160204225414j:plain

 

現状で感じている長所と短所

数日ですが使ってみて、長所と短所が見えました。

  • 長所:時刻の把握がしやすい。短針と長針が色分けされてるのはありがたいです。
  • 長所:振動によるフィードバックが便利。アラームとして振動させてますが、ほぼ無音なので隣で寝てる妻に迷惑がかかりません。また、スマホが少し離れていても腕が振動するので、「何かあった」というのがわかります。
  • 短所:シャワーを浴びると、本体裏側に水がたまる。SHINEでは水があっさり抜けたんですが、SHINE2は裏側の部品が水抜けしづらいです。
  • 短所:電池が持たなさそう。振動フィードバックが多いし、Bluetoothでリンクしっぱなしなので、電池消耗が不安です。
広告を非表示にする