読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J.log

jakeの思ったことを徒然と。

ドコモからNifMoにMNPしたときの手順

ケータイ料金を安く上げたかったjakeです。
ドコモを10年つかってましたが、料金を安くするためにMVNOのNifMoへMNPしました。
切替は1日でやれましたが、色々とやることがあります。
忘備録として、残しておきます。
[追記]Googleの2段階認証も切り替えが必要だったので追記しました。

事前の作業

  1. iPhoneのバックアップを取った。
  2. キャリア用のメールを代替するために、別途メールアカウントを追加した。
    今回は「さくらのメールボックス」でアカウントを用意しておいた。
  3. NifMoの支払いに使うクレジットカードを用意した。
  4. 身分証明書にする運転免許証が財布に入ってるか確認した。
  5. myDoCoMoのIDとパスワードを確認した。
    iPhone側でWi-Fiを使わずにサポートサイトに接続して調べた。
  6. myDoCoMoでMNP転出番号をとった。
    2年契約を途中解約するので違約金が1万円、MNP転出で3000円かかった。
  7. MNPの番号はメモしてケータイのケースに入れておいた。

切替作業

  1. 仕事が終わったらすぐに、ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaに行った。
  2. 1F、改札から遠い側のSIMフリーカウンターへ行って、NifMoへMNPしたい旨を伝えて担当者を出してもらった。
    金曜日の18時頃だったけど、カウンターは混んでた。
  3. 即日MNPできるかを確認の上で、手続きした。
    19時がリミットらしいが、混んでると間に合わない可能性があるとか。
  4. 書類を記入した。
    この時にクレジットカードと身分証の提示を求められた。
    クレジットカードの番号などは、タブレットを渡されて自分で入力した。
  5. 事前の説明を受けた。
    SMSは送信が有料、受信が無料。
    NifMoのメールアドレス、Wi-Fiスポットの設定は書面で後日届く。
    500MBの通信容量制限がしばらくある。(何日で解除かわすれた)
    MNPが完了する◯◯時頃にここにきて、書類を店員に見せるよう言われた。
    →今回は18時半ごろだった。おおよそ20分待ち。
  6. カウンターでの作業はこれで終了。
  7. 20分ほど待った。
    途中からiPhoneが圏外になって、通信ができなくなった。
    通信が切れたら困る場合は、適当なWi-Fiスポットを探しとくほうがいい。
    MNPしてるのでドコモのWi-Fiスポットは契約が切れて使えないので注意。
  8. SIMカードと書類をもらって、支払い。
    その場で支払ったのは、1400円くらい。ポイントも付いた。
    Amazonとかでパッケージを買うと3000円くらいしたので、半額くらい?

切り替え後の作業

  1. 速攻で家に帰った。
    自宅ならWi-Fiもあるし、小さすぎるナノSIMを紛失することもない。
  2. SIMカードトレイを取り出すためのピンを探した。
    iPhoneの場合、箱のなかに同梱されてる。これがないとトレイが出ない。
  3. iPhoneの電源を切った。
  4. SIMカードトレイ左側の穴にピンを挿しこんで、トレイを取り出す。
    元々のSIMカードは返却するので、とっとく。
  5. 新しいSIMカードをセットして、トレイを元に戻す。
  6. iPhoneの電源を入れる。
  7. 「設定」で、ドコモのプロファイル2つを削除。
    ドコモのメールアドレスで受信したメールもメールボックスごと削除された。
  8. Wi-Fiにつないだ状態で、SafariでNifMoのプロファイルをダウンロードした。
  9. Wi-Fiをオフにして、LTE通信ができるかチェックした。
    Twitterでタイムラインを更新して、妻にiMessageでMNPが終わったのを連絡出来たのでOKとした。
  10. [追加]Googleの2段階認証プロセスをアプリ経由に切り替えた。
    メインをアプリ、バックアップに携帯電話番号への発信にした。

このくらいでした。

即日MNPできましたが、SIMカードの差し替えで手間取りました。
静かに作業できる場所が他にあれば、もっと早く終わったかもしれないです。

広告を非表示にする