J.log

jakeの思ったことを徒然と。

「とりあえず後でやる」的なToDoをポケットに入れたメモ帳でやる話

あんまり物覚えが良くないjakeです。

買い物に行くと、たいてい1つ、何かしら買い忘れてしまいます。

やらなきゃいけないこと、買わなきゃいけないモノを忘れないように、メモをとるようにしてみました。

 

用意するものは3つです。

  1. 安くてやぶきやすいメモ帳
  2. ポケットに入れやすい、長さの短いペン
  3. 常にメモ帳とペンを入れておけるポケット

メモ帳はコンビニとか100均で売ってるやつでいいです。
用が済んだら破いて捨てるので、針金で綴じてあるものがいいです。

 

ペンはポケットに入れやすい短いものがいいです。
自分は既に持ってたので、トンボ鉛筆のPfitを使っています。


Pfit(ピーフィット) | 株式会社 トンボ鉛筆

 

ポケットは、女性のスカートだと難しいかな。
いつでも持ち歩けて、すぐに取り出せることが大事だと思うんです。
私服に作業着を羽織って仕事をするため、上着に入れるとメモを置き忘れると思ってズボンのポケットを使っています。

 

道具が揃ったら、使い方です。
これも簡単な3ステップです。

  1. 買うもの、やること、気になったものを書く。
  2. 会社のデスク、買い物の時、家についたときにメモを開き、1で書いたことを処理する。
  3. 終わったら横線で項目を消す。1ページ埋まったら破いて捨てる。

単純ですが、自分にはこれでも効果的でした。
横線で項目を消したり、メモを破いて捨てる感覚があって「やり終えた感」があります。
このへんのやり方は、スピードハックスとかを参考にしています。

 

 

このやり方を、おおよそ2週間ほど続けています。

パスポートに必要な書類を手配したり、不動産関連で必要な書類をとりにく役所に行ったり、トランクケースのレンタルを申し込んだり、スマホの写真をバックアップしたり、会社で朝イチでデータをタブレットに入れる、タブレットを営業さんに渡すなどなど、色々なToDoを消化しています。

覚えていられるぐらいの量ですが、とりあえずメモしておいた方が「メモを見れば大丈夫」という安心感があります。

もう少し習慣として定着するように続けてみたいと思います。