読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J.log

jakeの思ったことを徒然と。

PENTAX Q7が自分の好みと合わないと思った理由

カメラも好きなjakeです。

ちょっと時間が余って、家電量販店で色々とカメラに触ってきました。
一眼レフカメラがPENTAXなのですが、それの超小型版のQ7は自分には合わないようです。

  1. 背景がボケない。
  2. レンズが思ったより長い。
  3. ダイヤルが小さすぎて操作しにくい。

私が高いカメラに求める画は、ノイズの少なさと綺麗な背景ボケなのです。
センサーが小さいカメラは、その点では不利。
そのなかでもPENTAXは特にボケないんですよね。
メーカーの思想もあるので、それが悪いことではないと思います。
が、好みではない。

携帯性の悪さは、本体とレンズのアンバランスさにあると思います。
掴むには小さいのに、ポケットに入れるにはレンズが長くてムリ。
イマイチな部分です。

最後の操作性は、フルオートなら問題ないかもしれません。
でも露出補正などを触るくらいにはマニュアル操作をする自分には不満な操作性でした。
本体が軽いのにダイヤルが硬い。
これじゃ使いにくい。


そういう理由です。
むつかしいものですね。
広告を非表示にする