J.log

jakeの思ったことを徒然と。

駆け込み乗車の老人に呆れた

f:id:jake1980:20140307122612j:plain

駆け込み乗車はおやめください、いやマジで。

これはちょっと、というのを見かけたので書きます。

数日前の帰りのことです。

地下鉄に乗ったんですよ、有楽町線に。

平日だし20時頃だったんで、本数はたくさんありました。

5分も待てば次が来るくらい。

 

空いてたので座席に座りました。

さあ発車、という段階でガコンとか音がする。

……ドアに人が挟まってました。

 

いい年こいた、おばあさんでした。

いや、婆さんというべきなのか。

で、その場にいたサラリーマンが引っ張ったり運転手が気づいてドアを開けてくれて、なんとか乗り込んでました。

 

少しだけど発車が遅れました。

これだけなら「何やってんだか」で済むんですが。

その後のセリフに呆れたのです。

 

サラリーマンにお礼を言っている……のはいい。

口をつぐむまで一度も駆け込み乗車についての言葉がない。

まずかったなとか、そういう言葉がない。

 

その場は黙ってましたけどね、思いましたよ。

「駄目だこりゃ」、って。

悪いともなんとも思ってない。

一番悪いのがソコなのに、なんにも思ってない。

 

呆れましたね。

いい年こいた大人が、本数もたくさんある路線で、発車を止めてまですることか?と。

馬鹿じゃねえの?と。

 

あんな老人にはなりたくないな、と思いましたね。

駆け込み乗車はやめましょう、ほんとうに。

 

広告を非表示にする