読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J.log

jakeの思ったことを徒然と。

ブルーレイでバックアップをとるなら、Macの方が楽だった

外付けHDDのデータをブルーレイに焼くなら、Macの方が簡単そうです。

ただし完璧ではないですね。

 Windows側でトラブルが連発したので、やむなくやり始めましたが、

いくつかのメリットが有りました。

  • NTFSでフォーマットされたディスクは読み込み専用なので、間違ってもデータを削除することがない。
  • MacOS側で「ディスク作成フォルダ」というのを作成してファイルを入れるだけ。簡単。
  • 上記の作業でファイルコピーはしないので、余計なディスク容量の消費がない。
  • ディスク作成フォルダは複数作れるので、先にフォルダだけ一気に作れる。コピーとかいちいちしてたら、これはやれない。

ただし、完璧ではないです。

デメリットも有りました。

  • 4倍速のメディアを使って書き込みをしてるのに、10MB/sくらいしか転送速度が出ていなかった。たぶん、4倍速ではない。
  • 書き込み後に検証作業が必ず発生するので、急ぐときは不利。
  • 50GB(BD-R DLを使ってた)ぴったりに押しこむようなソフトがなくて、手動で作業した。なので、容量効率がいまいちでディスクが余計に必要だった。

そんなとこです。

CD-Rと違って、書き込みに結構な時間がかかります。

1セットで2時間とかかなあ?

なので1日に数枚ずつ作業してる感じです。