J.log

jakeの思ったことを徒然と。

ジョシスワゴンという自転車を8ヶ月ほど乗って理解したこと

春に通勤用の自転車を買いました。

ブリヂストンのジョシスワゴンという、小径車です。

8ヶ月ほど乗って、理解したことがあります。

乗って理解したことが4つあります。

  • 変速機は要らない。
  • ブレーキが一番重要。
  • カゴは要らない。
  • 走るなら細いタイヤ。

この4つです。

 

まず「変速機」。

ママチャリに3段変速機を入れていますが、あんまり使いません。

ほとんど軽い1速、ときどき2速に入れますが、3速はあまり使ってません。

そんな速度域まで出さないんですよ。

自動車もそうだと思いますが、都内はゴーストップが多いです。

 

次に「ブレーキ」。

ゴーストップの多さもありますが、市街地はとにかく減速を多用します。

歩行者を避けてもクルマがいるので減速するしかない、ってのが多かったです。

ブレーキを手抜きすると事故って死にますので、ケチらないほうがいいです。

 

そして「カゴ」。

いりません。

乗ってる時間の9割以上、使ってません。

肩掛けのカバンに入るし、ダメならハンドルにコンビニ袋でも下げればいい。

大荷物をのせるなら、リアキャリアとゴムのネットのがいいでしょうね。

 

最後に「細いタイヤ」。

ジョシスワゴンはBMX用の部品が多用されてます。

タイヤもその1つです。

……これが重い。

ママチャリなので重量が重たいのですが、ソレ以上にタイヤがぶっといのです。

乗った時の動きが重たくなります。

段差にはとことん強いし、乗り心地はいいですけどね。

 

走り回るなら、タイヤの細い自転車がいいです。絶対に。

段差に弱くなるのは、走る場所を選ぶことでなんとかできますよ。

 

次に乗るなら、タイヤが細いのが欲しいですね。

メッセンジャーが乗るようなやつがよさそうです。