J.log

jakeの思ったことを徒然と。

「紅殻のパンドラ」が面白かった

 

単行本を読みました。

原案が士郎正宗だし、タイトルが「こうかく」と読めたんで期待してたんですが。

同時にエクセルサーガが自分には性に合わなかったんで不安だったんですが。

 

 

 

おもしろい!

 

面白いですよこれ。

全身義体とかでサイバーパンクな要素が山盛りなのに、ギャグってるところが多くて楽しい。

楽しいんですよ。

 

サイバーパンクな部分は攻殻機動隊に近い気がしますというか、明らかに手伝ってませんかコレ?って感じです。

円とか球体をモチーフにしたCGは単行本の攻殻機動隊の2巻あたりにあった気がします。

漢字と英語と梵字?も一部組み込まれてました。

こういうの大好き。

 

攻殻機動隊と明らかに違うなと思ったのが、バックグラウンドの重さですかね。

主人公がアホかわいいというか、ノー天気というか。

そういうのもあって暗くないし、なんとなく軽い。軽いけど、それがいい具合に合わさってる。

 

うまく説明できてないなあ、と思いますが。

読んでみてほしいです。

面白いから。

 

広告を非表示にする