J.log

jakeの思ったことを徒然と。

映画「言の葉の庭」を見てきた

六本木でみてきました。

1時間で、やや短い映画だったです。

が、楽しめました。

 

・背景の絵がすさまじい

止まってると「絵」だとわかるんですが、動いていると実写じゃないかと錯覚してしまいます。

最初の5分くらいは実写だと思ってました。

※もちろん、最初から最後まで背景は絵です。

 

主な舞台が新宿御苑ですが、周りに見えるビルがやたらとリアルなんですよ。

たぶんドコモの代々木ビルだと思いますが、それが何度も登場してました。

空撮でもしなきゃ、あのアングルは見えないと思うんですがカラスの飛ぶ空でうまいこと表現されてるなあって。光の当たり具合とかがきれいなんですよね。

 

・登場人物が少なくてわかりやすい

小さい劇場でやってる芝居でも観てる気分でした。

基本になる登場人物は二人だけ、サブキャラが時折でてきますが数人。

やたらと人数ばっかり多くても把握できないので、自分には気楽でした。

この監督ならでは、な部分かなと思います。

 

シナリオそのものには言及しない方がいいのかな、と思います。

配信とかレンタルとかで見れれば見てほしいなって。

広告を非表示にする