J.log

jakeの思ったことを徒然と。

ちょっと長距離の引越しをした時のこと

友達が引越しするらしいので、記憶を掘り返してみる。

浜松から都内東部なんで、200km強ってところだと思う。

 

運搬は引越し専門の赤帽のオリノ・カーゴさんに頼んだ。
向こう側のスケジュールで引っ越しの予定日が決まるんで、絶対にこの日!というのには向かない。

www.orino-cargo.com

 あと細かいことが思い出せない。重要なところだけ

  • 自分で運ぶ基準は「佐川急便みたいなラフな運搬をしていいか」で決めていい。貴重品、機械式の時計、ハードディスクは自力で運ぶのを推奨。
  • 引越し屋よりも速く新居に移動する手段を事前に予約する。
  • 転出や住所変更の手続きはなるだけ事前に済ませる。
  • 引越し料金は現金払いもある。封筒にピッタリ入れとくといい。
  • トイレットペーパーを1つ持ってくといい。
  • モバイルバッテリーがあるといい。スマホはかなり使う。
  • 新居の地図とかはプリントアウトもあるといい。
  • 部屋のものを全部持ってくのはほぼムリ。

 

FlashAirのイベントに行ってきたので、知ったことをメモ

FlashAirのイベントに行ってきました。

connpass.com

実はFlashAirだけなら買ってたんですが、ちゃんと使えてなかったんです。
お題目にそって使ってみたかったので、大変ありがたいイベントでした。

発見が沢山あったのでメモしておきます。

  • Wi-Fiを使うので、会議室で多人数で使うには向かない。
  • (MFTでもあったらしいけど)混雑する環境だとWi-Fiに依存するデバイスは役に立たなくなるリスクあり。
  • 有機ELの表示器、視認性がとても高い。液晶よりやや高いけど有意義。
  • WebDAVでファイルの読み書きができるのはデバッグしやすい。GPIOを使うならSDカードとしてアクセス出来ないので、これしかないという感じもする。
  • LUAスクリプトの簡便さ。細かい文法がJavaScriptと違うこと、記号ではなく英単語を使う部分が多いこと(おそらくVBとかに近い)があるけど、使い出すとさほど違和感がない。
  • LUAのもう1つの強みはインタプリタであること。ちょっと編集、すぐテストって環境ができる。
  • 専用のIDEなどが不要なのも強み。WindowsPCだとエクスプローラとメモ帳だけでも開発はできる。
  • でもJS→Luaのトランスパイラとかあるといいなあ。
  • I2Cが便利すぎる。ブレッドボードでOLEDとか使うのに丁度いい。
  • 初期化とかのコマンド部分は慣れが必要だけど、一度作ったら使いまわせそう。
  • WebAPIとFlashAirの相性がとてもいい。無限ループで処理させるとかそういうのにはとことん向いてる。
  • WebSocketへのアクセスはやや力技になる。処理速度やバランスを考えると普通のAPIでも十分かも。

あと思い出したら、また書きます。

このレンズ欲しいかも。

いわゆる中華レンズらしいですが、ニコン系で単焦点は持ってないんで試してみたいですね。

 

 40mmの焦点距離はKマウントでも使ってるんで、自分はあんまり違和感ないかなと。

【フィリップス アンバサダー】メンズシェーバー9000、肌の弱い人ならきっと嬉しいはず

フィリップス アンバサダープログラムのモニターに参加させてもらい、メンズシェーバー9000シリーズを試用しています。

www.philips.co.jp

半月ほどブラウンの350cc-5(けっこう前のモデル)と比較しながら使いました。

そり心地:とにかく柔らかい。

メーカーもウリにしてますが、ほんとに軽いタッチで髭がそれます。
ブラウンだとシェーバーを押し付ける感じですが、フィリップスはくっつけるくらいのイメージです。

刃の構造が違うからか、顔への当て方も違います。
円を描くように当てることと説明書にかかれてます。ちょっと慣れが必要です。
押し当てて顔の皮を引っ張るような動作ができないので、今までよりも空いた手で顔の皮を引っ張る場面が増えました。

深ぞり:ブラウンのほうが深くそれてる気はする。

シェーバーの扱い方を切り替えできてないのかも、、、という不安がありますが、ブラウンの方が深ぞりできてるように感じます。
元々ブラウンは深ぞりで売り込んでましたし、得意分野が違うのかも。

自分はヒゲが濃いし伸びるのも早いので、夕方にはヒゲが伸びてきてます。
なので朝に少し髭が短いなと感じる程度の差しかありません。

自動洗浄:ユニットはほぼ同じ大きさ。

電気シェーバーで面倒くさいのが「日々のメンテナンス」だと思っています。
それがすごくイヤで、大きな洗浄ユニットと毎月かかる洗浄アルコール代金を払ってでもラクをしたかったんです。

フィリップスは現行モデルだとシリーズ5000、7000、9000で洗浄ユニットつきがあります。(全部じゃないようです)
パット見だと大きいかなと思いましたが、実際に設置するとあまり大きさに違いはありませんでした。

f:id:jake1980:20180123213441j:plain

洗浄ユニットの後ろ側に電源ケーブルを差し込みますが、これが斜め下向きになってるのもポイントじゃないかと思います。ちょっと差し込みにくいですけどね。
ブラウンは真後ろにケーブルが出るので、ケーブルが邪魔であまり壁にビタ付けできません。

f:id:jake1980:20180123213409j:plain

消耗品:洗浄用アルコールは長持ちで低コスト

ブラウンは毎月の交換が必要です。
汚れがひどくなる頃にはアルコールが揮発してしまうので、いつでも新しいのがメリットです。

フィリップスはもっと長持ちするようです。
1個で2ヶ月から3ヶ月は持つ、とのこと。

コスト面ではフィリップスが有利そうです。
Amazonで6ヶ月分を買うと、フィリップスのが安いんです。

 フィリップス:1354円

フィリップス 9000シリーズ用クリーニング液 JC302/51

フィリップス 9000シリーズ用クリーニング液 JC302/51

 

 ブラウン:2718円

ブラウン アルコール洗浄液 メンズシェーバー用 6個入り CCR6 CR 正規品

ブラウン アルコール洗浄液 メンズシェーバー用 6個入り CCR6 CR 正規品

 

 

まとめ:高い価値、きっとある

試用したモデルはAmazonで約3万3千円でした。
不要なトリマーとかを省いてもう少し安いモデルを選べば3万円くらいでしょうか。
ちょっと高いかなあと思いましたが、使ってみると快適ですね。
とにかく面倒がないし、力まずに良い。
軽くそれるし、自動洗浄も手軽。洗浄用アルコールの交換頻度も低くてOKで低コスト。

選ぶ価値、きっとあるんじゃないかと思います。

 

フィルムの値段

フィルムの値段っていくらなの?とFacebookで聞かれたので、自分の知るところ、思うところをまとめてみました。

リンクを張るので、気に入ったらフィルムを買って、撮ってほしいです。
フィルム写真をやる人が増えて市場が大きくなれば安くなるかもしれないので。

感覚的な話

  • フィルム写真はタバコより高い。嗜好品としては高い方?
    • 好みや相性があるため、高級品ならOKでもないのが面倒なところ。
    • フィルムは撮影後に現像が必要。1本600円くらい。

 

値段の話

フィルム1本で500円以下なら安い。今後は減る一方。
1000円ぐらいまでは普通。このレンジは選択肢が多い
1000円を超えてくると高いやつ。高級品からイロモノかどっちか